2つのメリット|美容エステのレーザー脱毛で綺麗な肌を実現

医療用とは

細胞への刺激

レーザー脱毛をサロンで受ける事も出来ます。
しかし医療用と認められているレーザー脱毛機器は病院でのみ取り扱われているので、サロンにある機器のほとんどが海外から輸入したものです。
その機器も効果は高いですが、医療用機器は毛を生やす指令を出す細胞と毛根に刺激を与えるので、大きな効果を生み出します。
日本では、この細胞へ刺激を与える事は医療行為の一貫と見なしているので、通常のサロンではここまでの効果を発揮する事が出来ません。
この細胞への刺激がある事によって、毛を生やすメカニズムが失われ、更に早く綺麗に脱毛をする事が可能だと言えるでしょう。

薬を処方

レーザー脱毛施術を受ける事によって、数日、肌の赤みがひかない事があります。
そういった場合は、専用の軟膏をその箇所に塗る事で症状が良くなります。
病院だからこそ、薬を処方する事が可能です。
肌を優しく扱いたいという人には、医療用レーザー脱毛が最適でしょう。
また病院で行なう医療用レーザー脱毛は、有資格者が行ないます。
その技術力は高いものでしょう。

アトピーでも大丈夫

時に肌が荒れるアレルギーやアトピー症状を持っている人がいます。
肌にレーザーを当てる事で悪化がないかという事を心配する人はいますが、医療用レーザー脱毛施術でそういったものの症状が悪化したという事例はありません。
今持っている症状の心配せずに脱毛施術を行えるのは、そういった症状を持っている人にとってとても嬉しい事です。
またレーザーによって、皮膚がんになる恐れがあるという話も多く出ていますが、その心配もありません。
皮膚がんは紫外線を浴びる事で発症します。
医療用機器のレーザーは赤外線によるものなので、その心配は皆無だとされているのです。